キャッシングできる学生カードの選び方

学生カード

学生がカードでキャッシングするにはどうする?

学生生活の中では、急に現金が必要になることは少なくありません。アルバイトのお給料日までもう少し日にちがあるけれど、今すぐに現金が必要だという場合には、キャッシングを利用することができます。キャッシング商品は、一般的には安定した収入を持たない学生を対象にしているわけではありませんが、学生を対象にしたキャッシング商品もありますし、クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を活用して現金を借りることもできます。

最も借りやすいのは、学生を対象にしたクレジットカードに付帯されているキャッシング機能を使う方法です。学生を対象にしているカードは、学生でなければ作ることができないという条件がありますが、学生証を提示することができる人なら、アルバイトをしていなくても審査に通りますし、金利面でも優遇されていることが多いので、借りやすくなっています。ただし、この場合には、付帯されているキャッシング枠はあまり高くはなく、多くの場合、3万円とか4万円ぐらいに設定されているようです。

その金額では足りないという場合には、キャッシング専用のカードローンを利用することができます。この場合、一般向けのキャッシング商品では、学生だと審査落ちする可能性がとても高いので、商品を選ぶ際には必ず、学生を対象にしたものを選ぶようにしましょう。

また、学生向けのものでも、キャッシングの場合にはクレジットカードとは異なり、収入があることを証明しなければいけません。学生の本業は学業なので、正社員でフルタイムで働いている人はいませんが、アルバイトなどを続けていて定期的な収入がないと、キャッシングの審査には通りにくいようです。収入の額に応じていくらまで借り入れることができるのかが決まりますが、学生の場合には多くても10万円ぐらいまでしか借りられないことが多いようです。

もしも使用目的がはっきりしている場合には、キャッシングやクレジットカードのキャッシング機能などのように目的が制限されている借り入れよりも、特定の使用目的で借りられる商品を探したほうが、金利面でも優遇してもらえることが多くなります。

学生だと収入がないのでローン商品は借りにくいというデメリットがありますが、保護者の同意を得れば借りることができる場合も多いので、ぜひ検討してみてください。また、借り入れは、アルバイトの収入内でうまく返済できる金額だけにとどめておくようにしましょう。計画的に借りて計画的に返済することが必要です。

5万のお金を今日中に借りる方法

5万円のお金を今日中に借りたいという場合、どこからどんな風に借りるのが得策なのでしょうか?まず、5万円という金額は金融機関にとっては少額融資の部類に入るので、一般的には比較的借りやすい金額と言われています。他社からもたくさん借りていて多重債務者として顧客信用データベースに記録されている場合には、5万円でも借りにくくなってしまいますが、そうでない場合には即日融資のキャッシングやカードローンに申し込めば、比較的スンナリ借りやすい金額と言えるでしょう。

5万円を借りる場合、まず最初にチェックしたいのは、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を使う方法です。クレジットカードにはショッピング枠とは別にキャッシング枠がついていて、銀行やコンビニのATMを使えて現金を借りることができます。返済は翌月一括返済しても良いですし、リボ払いを選択すれば毎月少しずつ返済することもできます。クレジットカードのキャッシング枠を使う方法は、新規に借り入れを申し込む必要が無いので時間が掛かりませんし、新たに審査を受ける必要がありませんから、書類を提出するなどの手間と労力を省くことができます。

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用して、5万円を借りることも可能です。消費者金融は審査に時間が掛からないことが多く、申込んだその日のうちに融資を受け取ることもできます。WEBを使えば24時間いつでも申し込むことができますし、午後3時ぐらいまでに申し込めばその日のうちに審査を受けてお金を借りられる所もたくさんあるので、急いでいる時にも便利ですね。金融機関によっては、収入がまったくない専業主婦やフリーターなどは5万円を借りるのが難しい場合もあります。しかし、パートやアルバイトなど正社員ではなくても安定した収入を定期的に受け取っている人なら、給料明細などを持参して収入がある事を証明すれば5万円を借りられる金融機関もあります。金融機関選びと商品選びは賢くするのが、スムーズに5万円を借りるためのコツと言えるでしょう。

少額の借り入れでも、申込用紙に記入する場合には書き間違いが無いように細心の注意を払うことが必要です。うっかり書き間違いをしても、故意に虚偽の申告をした場合でも、金融機関にとっては「正しくない情報がかかれていた」とみなすものです。信用できない人物ということで、借入希望金額に関わらず審査落ちの対象になってしまうこともありますから注意しましょう。店舗で紙の申込書に記入する時でも、WEBで追う仕込みフォームに記入する時でも、かならず書き間違いがないかを見直した上で提出することが必要です。

デート費用が足りないからお金を借りる

デート費用が足りないという際、お金を借りるという選択肢もあります。お金の借り方としては、手軽さを考えるとキャッシングという方法があります。キャッシングと聞くと、世間的にあまりいいイメージを持たない方もいるかもしれません。ただ、今では消費者金融などについて見ても、大手の銀行の傘下に入ってサービス提供するなど、信頼性を高める動きが見られます。今後は利用者の数は増えていくことが考えられます。

キャッシングのメリットについては、何より使いたい時にすぐ利用できるところです。具体的には、電話、インターネットなどでの利用申請があり、特にインターネットではすぐさま審査が行われ、利用まではスピーディーです。また窓口まで出向けば、消費者金融の他、銀行系のローンやキャッシングサービスに至っても、即日カードが発行されて融資が受けられるものも出てきています。キャッシングの金利については、数字で見ると高いと言うイメージがあります。しかし、実際にはキャッシングサービスの金利については日割りで計算されます。従って、お金を借りても、迅速に返済してしまうと、ほとんど金利はかからないものです。

あくまで返済のあてがあり、緊急時に一時的に借りるという利用法から始めれば、安心では無いでしょうか。デートなどの際に、デート費用が足りないからお金を借りる場合を考えて見ましょう。例えば、金利15%で10万円を借りる際、7日間借りるとすればその場合の利息は300円ほどです。これを考えれば実用的、あるいは良心的であるのがわかります。イメージとしては、コーヒー一杯の手数料で急場を凌ぐといったものです。

©Copyright 2016 キャッシングできる学生カードの選び方 All right reserved.